HOME > ブログ > 筋膜の形状記憶性

ブログ

< 後悔しないブライダルエステ♡  |  一覧へ戻る  |  筋膜と体内水分量 >

筋膜の形状記憶性

筋膜と一言でいうと単に筋肉を包んでいる柔らかい膜なのかなと思われますが、筋内膜、筋周膜、筋外膜、骨膜、腸間膜、、など筋肉はもちろん骨や内臓を取り巻き、何重にもなってそれら各パーツを支え固定してくれています。


筋膜以外の全ての組織を取り除いたとすれば、キレイにその人の体型が残ると言われているほど筋膜は体型や姿勢に大きく関わっているため、全身スーツに例えられることもあります。
偏った身体の使い方を続けることで、徐々に筋膜はその動作に適した形状になり、その全身スーツのひきつれは全身に波及します。
そのため筋膜リリースは症状のでている一部分などではなく、全身のリリースがオススメです。


プラスイチドでは、上半身しか見えないブライダルのお客様であっても、下半身までリリースします。
せっかく上半身をしっかりお手入れしても、下半身がひきつれたままだと必ず下に引っ張られます。それがボディラインの持続力にも影響します。


筋膜には形状記憶性があるといわれているほどですので、キープ力は抜群です。
しっかり体型をまま安心してお式に臨めるよう、全力でサポートさせていただきます

< 後悔しないブライダルエステ♡  |  一覧へ戻る  |  筋膜と体内水分量 >

このページのトップへ