HOME > 深層加温ラジオ波

深層加温ラジオ波

深層加温ラジオ波

深部の骨や内臓まで加温、「ホンモノの体質改善」が可能に

筋膜は、【温熱・振動・圧】でやわらかくなるため、筋膜リリースとかけあわせることで施術効率が倍増します!プラスイチドでは深部温熱RF(ラジオ波)「LavaTRON」を採用。妊活や温活、体質改善、本気のダイエットには【筋膜リリースPlus × 深層加温ラジオ波】がおすすめです!

ラバトロンで期待できる効果は、
こんなにもたくさん!

  • 基礎代謝UP、脂肪分解促進、血行促進。
  • お肌の引締め、ターンオーバーの正常化、妊娠線の緩和など
  • 自律神経調整効果、腰痛・肩こりの緩和など
  • 疲労物質除去、筋肉痛の緩和
  • 根本的な冷え症改善
  • 腎臓や肝臓の機能正常化。むくみの改善

ラバトロンの魅力は何と言っても深部加温機能。整骨院によくある電気治療器や一般的なラジオ 波などは表皮2cm前後の層を温めますが、ラバトロンは骨や内臓の位置する表皮から8センチ前後の深部にまで熱を到達させることが出来るのです。腸や子宮にしっかり血液をいきわたらせることで便秘や生理痛、不妊、原因不明の不定愁訴の緩和や深部の冷え症にも効果が期待できます。また今までは針鍼治療などで深部に刺さなければ到達できないような筋肉の硬結への対応も可能にした画期的な温熱機器です。


そもそも高周波(ラジオ波)って?

電極から対極板、もしくは電極から電極に高周波を流すことで体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、体内温度を上昇さ せることで様々な美容効果を得る美容法です。照射方式によってモノポーラタイプとバイポーラタイプ、トライポーラやマルチポーラと電極の数によって種類が分かれます。

ラバトロンはモノポーラタイプの深部加温ラジオ波です。

モノポーラとは・・・

エレクトロードから対極板に一直線にラジオ波を流す方式。高周波が一方通行で仕組みがシンプルな分、効果は強力で鍼灸院やクリニックでも多数導入されています。
例)インディバ、エクシリスなど。ラバトロンはCET方式とRET方式の切り替えが可能になっており、施術内容やお客様の目的により柔軟に使い分けることもできます。

・CET方式絶縁の電極で肌の深部組織(表皮から約2cm前後)で熱を発生させるモード。皮下脂肪やセルライトの溶解に効果を発揮。収斂作用によるたるみの改善や妊娠線の緩和、お肌のターンオーバー促進にも効果的。

・RET方式非絶縁の電極と対極板により肌深部(表皮から約8cm前後)で熱を発生させるモード。痩身の施術で唯一内臓脂肪を燃焼させる効果を持ち、セルライトの除去 や基礎代謝アップ、アンチエイジング、各器官の機能がアップするなど体質改善に働きかける。痩身はもちろん冷えやむくみにも効果的で、施術から時間が経っても身体の芯からポカポカとした体感を得られます。例)インディバ、ラバトロン、ウィンバック

バイポーラ、トライポーラ、マルチポーラとは・・・

対極板をおかず、エレクトロードに付いている2つ以上の電極間でラジオ波を流す方式。浅い部分に熱を発生させることができ、肌の引き締めやターンオーバーの活性に◎新人のエステティシャンでも簡単に施術を行う事が可能なため、大手エステサロンでの導入が多い。キャビテーションや家庭用の美顔器の補助的な機能としても搭載される。例)ハイパーナイフ、ヴェラシェイプなど


このページのトップへ