HOME > 効果写真集 > 腕が上がらない原因は?

効果写真集

< あなたの膨張率は何%?  |  一覧へ戻る  |  姿勢と営業成績 >

腕が上がらない原因は?

肩甲骨周りは徹底的に


「ここ一年ほど、
腕をあげると痛みが..」

そう言われて来られる方は
ほぼ100%肩甲骨まわりがガチガチです。

四十肩、五十肩、腱板断裂..
原因は人それぞれで、未だにはっきりわかっていません。

40代あたりから肩の周りにある腱板や靭帯内の水分、コラーゲンが少なくなり、クッション性が失われると動作によって痛みが生じたり衝撃によって断裂することがあるといわれています。

その腱板や靭帯ってどこにあるかというと、肩甲骨から出る棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋という4つの筋肉(ローテーターカフ)が上腕骨に付着していくところです。

腱板の周りには骨と骨を繋ぐ強靭な靭帯がついており、不安定な肩甲骨付近の筋肉の動きをサポートします。

腕が上がらない場合は、肩甲骨のリリースとわきの下へのアプローチをしっかりやると改善してくることが多いです^ ^


「こんなにしっかり肩周りをやってくれるサロンなかったー!」
ってよく言っていただきますし、私も他でこんなに肩周りにはりついてくるエステに出会ったことがありません笑


背面のお写真Beforeをみると、
わきの下あたりがパンパンで広がっているようにも見えます。
横向きのお写真では、完全に肩が内巻いて腕まで前方に連れていかれてます。


身体の不調は
必ず見た目に現れています。

サロンではがっつり肩甲骨周りをリリースしていきますが、おうちではわきの下を深く掴むようにホームケアをしていただくと、改善がとっても早いです(*^^*)
ここはいろんな筋肉の交差点です✨

わきの下が詰まっていると起こる三大アンチ美容現象⬇︎
・二の腕が太くなる
・肩がこる
・バストが栄養不足に陥る


とくに女性にとってはなにひとつ良いことないので、例のクリームを塗ってから←ここポイント!!効率よくホームケアしてみてください(*^^*)

ギャラリー


< あなたの膨張率は何%?  |  一覧へ戻る  |  姿勢と営業成績 >

このページのトップへ